放射能と テスラのテクノロジー

放射能は、原子が、高エネルギーになり、基底状態に戻ろうとすることで
バランスを崩し(不安定になり)、電子を失います。


テスラ製品は、電子を失うことなく、原子を基底状態に戻し
バランスを取り戻させる(安定させる)効果があります。


これは、ガイガー・カウンターによる、度重なる測定で、証明されています。

 
放射能への対処 事例 1

オーストラリア ヴィクトリア州フィッシュ・クリークにある、スミス農場では、
1998年12月のある晩、激しい嵐が襲い、
雷が、飼育小屋への引込み電線に、落ちました。
 

そして、雷は、電線を伝って、住まいのすぐ近くの
電柱上の変圧器(トランス)を、爆発させました。
 

トランスから、オイルが、あたり一面に、飛散しました。
 

電力会社の人は、吹き飛ばされたトランスを、交換しに、
放射能防護服で、完全武装して、やって来ました。 
  
 

スミス農場では、爆発後、ニワトリは卵を産まなくなり、
3週間後には、皆死んでしまいました。
 

飼い猫は、2ヵ月後に、ガンにかかり、足を切断することになりました。
 

飼育小屋を歩いた人は、誰もが、2時間もすると、ヒドイ発汗などの、体調不良を起こし、典型的な放射能被ばくの症状を、示しました。

乳牛は、出産が近づくと、飼育小屋で過ごすのですが、トランス爆発後は、
死産か、奇形児が産まれるばかりでした。


スミス氏は、あらゆる方法を、試してみたのですが、5人の子どもを含む、家族全員は、体調不良を訴えるばかりでした。

1999年5月、スミス氏は、テスラ社に、電話して、助けを求めました。


テスラ社は、コンピューター・ガイガーカウンターと、テスラ・プレートをたずさえて、スミス農場へ行ってみると・・・

  1999/5/26/12時
飼育小屋  41 μR/hr
変圧器周辺3m  48 μR/hr
家畜用貯水槽  43 μR/hr
※メルボルン通常値  21 μR/hr
放射線線量値は、メルボルン郊外の2倍の、
高い放射線値を、示していました。


  3時間後
飼育小屋  34 μR/hr
変圧器周辺3m  46 μR/hr
家畜用貯水槽  42 μR/hr
テスラ オイスター・プレート 大 5枚を、
ダウジングで、ベスト・ポジションを探して、埋め、
3時間後に、線量値を測ってみると ⇒


  1ヵ月後
飼育小屋  32 μR/hr
変圧器周辺3m  33 μR/hr
家畜用貯水槽  35 μR/hr
ダウジングと、プレートの埋め場所を、微調整することで、ダブルチェックし、
1ヵ月後に、線量値を測ってみました。⇒  


  半年後
飼育小屋  26 μR/hr
変圧器周辺3m  28 μR/hr
家畜用貯水槽  30 μR/hr
その後、線量値測定は、毎月行われ、半年経った、1999年12月には
ここまで、線量値は、落ちていました。⇒

   1999/5/26/12時   3時間後    1ヵ月後    半年後  
飼育小屋  41 μR/hr →  34 μR/hr →  32 μR/hr →  26 μR/hr
変圧器周辺3m  48 μR/hr →  46 μR/hr →  33 μR/hr →  28 μR/hr
家畜用貯水槽  43 μR/hr →  42 μR/hr →  35 μR/hr →  30 μR/hr
※メルボルン通常値  21 μR/hr     (1μR=0.01μSv)

2005年4月、スミス農場に行ったところ
すべては、完璧に解決していることが、確認できました。

家族は全員、健康を取り戻し
誰が飼育小屋を通っても、体に問題が起こることは、なくなり
むしろ、以前より、元気になりました。

牛は、健全な子牛を産み
年老いた乳牛まで、ミルクを出し続けるようになりました。

飼い猫も、繁殖していました。

 

作物も、生育が良くなり、生産量が、増えました。

有害な放射能を、無害化しただけでなく、有益なエネルギーに、換えていたのです。


あの晩、3つの農場が、スミス農場と同じように、落雷を受け、トランスが爆発していました。

テスラを使うことをすすめても、この農民たちは、申し出を拒みました。

 

爆発から6年経って、この農民の内、2人がガンで亡くなり、3人が、ガンの闘病生活を、強いられています。
 

放射能への対処 事例 2

 
テスラ・プレート 使用前  70 μR/hr
テスラ・プレート 使用後  36 μR/hr
電気技師が、煙探知機を、テスラ・プレートの有無で、テストしました。
何度も、テストされましたが、結果は、同じでした。
(バックグラウンド:38μR/hr、テスラ・プレート:27μR/hr)
 

 

放射能への対処 事例 3

 
テスラ・プレート 使用前  56 μR/hr
テスラ・プレート 使用後  35 μR/hr
骨折した腕を覆った、石膏ギプスは、放射能汚染され、56mR/hr
あったのが、テスラ・プレートで、バックグラウンドと同じ
35mR/hrまで、線量値を下げました。
これも、その後、放射線線量を上げることは、ありませんでした。

★ いずれも、不安定になって、放射線を出し続ける放射性物質を、テスラ製品 は、安定させ、放射線をストップしています。

Category

  • 電磁波・化学物質・環境汚染に テスラ
  • 暮らしを楽しく豊かにする 器
  • フラワーギフト
  • パリ発アクセサリー
  • 桜染め・草木染め
  • 英国発 クオリティ・ライフ

Payment Delivery

Mobile

   

   

  

Blog



All right reserved by minouche